So-net無料ブログ作成
検索選択
世界の猫グッズ博物館 ブログトップ

【番外編】移転後の「世界の猫グッズ博物館」に行ってきました [世界の猫グッズ博物館]

9月28日、移転した「世界の猫グッズ博物館」に行って来ました。

場所的には、館山自動車道の鋸南富山ICを降りて、ほぼ一本道で10分も

掛からない所ですので、車だとそれ程遠くなったという感じはしません。

しかし、途中にも施設周辺にも全くお店がありませんので、食事には要注意です。

 

これが既存の建物をリフォームした、新「世界の猫グッズ博物館」外観です。

IMG_0716.JPG

入口左側の絵は、有名な作家さんが描いてくれたそうです。

DSC01016.JPG

入口右側には営業のご案内。

DSC01018.JPG

建物入口

右側が受付で、正面の窓からふれあい部屋が見えます。

DSC01019.JPG

 

1Fにはふれあい部屋があります。

この部屋で、猫ちゃんと触れあうことができます。

DSC01040.JPG

モップみたいで人懐っこい、にゃあにゃあちゃんも健在でした^^

 M4H01035(1).jpg

 前回歓迎してくれた、ごんちゃんはお休み中^^;

DSC01039.JPG

味わい深い表情のカツ君。(立ち耳スコだそうです)

DSC01026.JPG

 

1Fの廊下には、ケージが積まれています。

前に来た時に仲良くしてくれた(?)、むさし君となると君もいました。

DSC01051.JPG

今回もスリスリしてくれた、なると君

M4H01042(1).jpg

 美猫のむさし君、ペロペロはしてくれましたが、お疲れのご様子。

M4H01047(1).jpg

 

階段から2Fを見上げると、何やら怪しい姿が(笑)

DSC01050.JPG

 

2Fには、猫グッズ展示コーナーとねこの部屋が2つ、そして

猫グッズ販売&またたび喫茶&またたび文庫を兼ねたスペースがあります。

 猫グッズ展示コーナー

DSC01057.JPG

猫グッズ販売&またたび喫茶&またたび文庫

DSC01064.JPG
(またたび喫茶はまだ営業していません)

 

ねこの部屋1

ケージが積まれています。

自分の好きな、ななお君もここにいましたが、少し痩せたような気が...

それに、あまり機嫌が良さそうではありませんでした(>_<)

前はあんなにスリスリしてくれたのに...

 DSC01060.JPG

 

ねこの部屋2

ここもケージが積まれています。

部屋が狭いので、自分のカメラでは全体像が撮れません。

里親募集中の猫ちゃんが大勢いました。

 M4H01052(3).jpg M4H01052(2).jpg

-----------------------

 しかし、無事に再開することができて安心しました。

それというのも、理事長や副理事長の努力と、大勢のボランティアさんのお陰です。

それと、大勢の方々の援助があったことも忘れてはなりませんね。

惜しむらくは、現状の建物が手狭な点です。

特に、本施設の目玉となるであろう、触れ合いスペースが狭いです。

猫ちゃんにとっても、もっとのびのびさせてあげたいと思ってしまいます。

将来的には猫舎の拡張も計画されていますが、いかんせん費用が足りません。

一人でも多くの方の援助頂ければと、思わずにいられません。

もし援助頂けるという方がいらっしゃいましたら、「NPO法人 猫達の幸せを守る会」HP

猫2(にゃんにゃん)パラダイス建設基金にご協力くださいをご覧下さい。

一日でも早く、猫2(にゃんにゃん)パラダイスが完成することを願ってやみません。

  -----------------------

 さて、自分にとって残念な出来事も沢山...

①ココロちゃん亡くなる

前回訪問時に、背中に乗って尻尾でピシーピシーしてくれた(?)

シンガプーラのココロちゃん。

いつも凛とした姿が印象的で、触られるのは嫌いのご様子でしたが、

自分からは肩や膝に乗って来る女王様タイプ(?)の猫ちゃんでした。

②アズキちゃん亡くなる

 前回・前々回訪問時とも、19歳の細い体で控え目に人の後をついて来て、

一生懸命スリスリしてくれた姿が印象的でした。

③やまだ君、骨腫と闘病中

とてもフレンドリーだった、やまだ君が痛々しい姿に...

これでも、最悪の時期よりは大分良くなったそうです。

しっかり食べて必死に骨腫と闘っているやまだ君、頑張れ!

 DSC01023.JPG

④フクちゃん、病棟に

前回・前々回とも、真っ先に膝に飛び乗って来てくれたスコのフクちゃん、

見当らないなぁと思ったら病棟にいるとのことでした。

詳しいことは聞きませんでしたが、頑張れフクちゃん!

 -----------------------

 その他にも里親さんを待っている猫ちゃん達も沢山います。

 猫好きの皆様、猫を飼ってみたいと思っている皆様、一度足を運んでみて下さい。

健気な猫ちゃん達と触れあったり、優しいスタッフの方々とお話をしてみて下さい。
 
きっと感じることがある筈です。
 

 そして一人でも多くの方に、その気持ちを伝えて頂ければ、

いつかは何かが変わっていくのではないかと思います。


nice!(63)  コメント(60)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

【お知らせ】世界の猫グッズ博物館移転 [世界の猫グッズ博物館]

個人的に応援しているNPO法人「猫達の幸せを守る会」が運営している「世界の猫グッズ博物館」から葉書が届きました。

昨年、「土地と建物を持ち主様に返却しなければならなくなった」とのことで、移転先探しでかなり苦労されていましたが、やっと9月1日に移転再開できるようになったとのことです。(8月25日までは現在の猫博で営業)

場所は現在の猫博(千葉県安房郡鋸南町)から2.5kmほど内陸に入った所だそうです。

SCN_0006.jpg

「猫達の幸せを守る会」及び 「世界の猫グッズ博物館」についての詳細は以下のリンクをご覧下さい。

〇NPO法人「猫達の幸せを守る会」 ・・・こちら              

〇「世界の猫グッズ博物館」 ・・・こちら                
   (8月21日現在、新猫博についての情報は記載されていません)

尚、自分が世界の猫グッズ博物館を訪問した時の過去記事はこちらです。

〇世界の猫グッズ博物館へ行ってきました!(前編) ・・・こちら

〇世界の猫グッズ博物館に行って来ました!(後編) ・・・こちら

棚卸しシリーズ(世界の猫グッズ博物館再訪) ・・・こちら   

 

ぶっちゃけ都心からはちょっと遠いですが、猫好きにはたまらない施設だと思います。

実際は、不幸な生い立ちの猫ちゃん達ということを考えると内心複雑ですが、皆様が遊びに行かれるだけでも最低限の支援になります。

是非、行かれてみて下さい!

 

なお、自分は9月1日に行くことを画策中です^^;


nice!(43)  コメント(36)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

棚卸しシリーズ(世界の猫グッズ博物館再訪) [世界の猫グッズ博物館]

もう大分前の10月5日、「世界の猫グッズ博物館」を再訪してきました。

しかし、その後になんだかんだで色々あったので、結局記事にする機会を失ってしまいました...

このまま忘れてしまうのは勿体ないので、再度カワイイ猫ちゃん達を紹介しておきます。

前回の記事(こちら:前編こちら:後編)をご覧になって頂いていない方のために、簡単に説明させて頂きます。

千葉県の下の方にある「世界の猫グッズ博物館」は、その名の通り世界のいろいろな猫グッズの展示と販売を行っています。

しかし実態は、NPO法人「猫達の幸せを守る会」が保護した、捨て猫ちゃん・ノラ猫ちゃんなど、様々な事情で集まって来た子たちの保護施設です。

ですが、その様な猫ちゃん達と、時間を気にすることなく触れ合うことが出来るんです♪

詳しくは、こちらのHPをご覧下さい

********************************

自分もHPを見て知りましたが、現在の猫博は「土地と建物を持ち主様に返却しなければならなくなった」とのことで、早ければ年内に明け渡ししなければならない様です。

しかし、今現在移転先も決まっておらず、資金も不足している状況だそうです。

そのため、移転先(土地・建物)についての提供・情報、及び、にゃんこ基金(一口500円から)への寄付を募っています。

詳細はこちら「猫達の幸せを守る会」のHPをご覧下さい。

猫博ファンの自分としては、微力ながらも力になればと思い、掲載させて頂きました。

2012.12.21追記

移転する土地が決まったそうです!こちらを参照下さい

しかし、まだまだ資金が不足しています。

一人ひとりは小額でも、大勢の善意が集まればきっとどうにかなると思います。

もし寄付したいという方がいらっしゃいましたら、上記HPまで直接お訪ね頂ければ幸いです。

******************************

今回は、猫博の猫ちゃん達の魅力をお伝えしたいので、面白写真を中心にご紹介します。

「べー」 by なな君
DSC01222(1).jpg

「だるー」 by にゃあにゃあちゃん
DSC01233(1).jpg

「モップじゃないよ!」
DSC01244(1).jpg
にゃあにゃあちゃんは、人の後をついていてきては、ごろ~んごろ~ん。

猫だらけ at 猫2パラダイス


お見苦しい物体が写っていますが、ご了承ください。
(猫に包囲され、嬉しくてにやけています...汗)

「あざらしの真似」 by ハク君
DSC01295(1).jpg

「背中に乗ってるのは誰~だ?」 by ココロちゃん
MAH01270 (1).jpg

「(-_-)/~~~ピシー!ピシー!」


何故かずっとピシー!ピシー!されました...(;´▽`A``

「また来たにゃ~」 by ふくちゃん
DSC01286(1).jpg
今回も仲良くしてくれました (^○^)

「オイラ気が弱いんだにゃ」 by むさし君
DSC00116(1).jpg
凄くキレイで立派な美猫のむさし君。
今回も指をペロペロしてくれました。
何でケージから出ないのかと思ったら、気が弱いらしいです...

「ちらっ」 by リッキー君
MAH01303 (1).jpg
何故か終始流し目でカメラ目線のリッキー君。
この子もかなり人懐っこいです。

「気持ちいいにゃ~」 by なると君
MAH01273 (1).jpg
かなりのゴロスリ君です。

「もっと撫でてほしいにゃ~」 by ゆう君
M4H00129 (1).jpg
グイグイ頭を擦り付けてきます。
こんな子が家にいたら、可愛くて仕方ないです。

「元気だにゃ~」 by アズキ君
MAH01268 (1).jpg
前回名前を忘れちゃった、19歳という黒猫ちゃん。
元気で良かった!
だけど、HPだと17歳?・・・どっちが正しいんだろう!?
今回も、良い写真が撮れなくてごめんね。

 

今回写真を載せたのは、ほんの一部の子たちだけですが、他にも可愛い子達が沢山います。

金と部屋があれば、みんにゃ引き取りたい位です。

いくら優しいスタッフ方にお世話されているとは言え、やはりケージ暮らしでなく家族の愛情の下で暮らして欲しいです。

今回は、チーフスタッフの”しいごろ”さん(ホントは君付けしたい位若くてイケメンの好青年です)や、ボランティアの”すー”さん(自宅でも多数の犬猫をお世話していながら、2時間かけて猫博にボランティアに通ってくるという、明るくて気さくなお姉さん(ちょっと盛っておきました...))ともお話しすることができました。

そこで感じたことは、この様な施設に関わってゆくと言うことは、自分の生活(金銭や時間)を犠牲にしないと成り立たない程、大変な覚悟が必要だということです。 (本人達は、動物達を愛しているというだけで、そう大げさには思っていないかもしれませんが...

それと、いつもの場所の遺棄猫騒動ほど大規模では無いとしても、尊い命を捨てるという行為が後を絶たないと言うことに対する憤りです。

部外者の自分達にできることは、せめて売り上げに貢献するなり、寄付金や物資等の支援をすることで、少しでも施設の運営を楽にさせてあげること位です。

そのためにも、本記事をご覧になって下さった皆様方には、一人でも多くの方に遊びに行って頂きたいと思います
(特に若い女性の方には、猫だけでなく、しいごろ君もお忘れなく!)

残念ながら、自分は現在の施設ではもう行けないと思いますが、何とか新しい施設に移って運営を再開できることをお祈りしています。

 

ちなみに、もし遊びに行って猫ちゃん達と遊ぼうと思っている方がいらっしゃいましたら、遅くとも午後二時前には行かれることをお勧めします。

猫ちゃん達のご飯は二時半からなので、二時くらいになると猫ちゃん達の挙動が怪しくなり始めます。

また、食事はケージの中なので、食べ終わるとそのままケージの中で昼寝に突入してしまう猫ちゃんがほとんどなので、触れることもできなくなります

ゆっくり遊ぶためには、開館時間の十時半には着かれることをお勧めします。


nice!(49)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

世界の猫グッズ博物館に行って来ました!(後編) [世界の猫グッズ博物館]

世界の猫グッズ博物館は、本館とは別に、更なる天国があります。

それが、本館と道路を挟んだ反対側にある「猫2(にゃんにゃん)パラダイス」です。
本館の裏口でゴムのサンダルに履き替えて、スタッフさんの案内で「猫2パラダイス」に向かいます。
paradice.jpg

建物自体はプレハブの様な質素な作りです。
再度入り口で手を消毒し、室内に入ります。
ここもケージが所狭しと並べられていますが、自由に放されている子が沢山います!
ざっと見たところでも30匹以上はいたでしょうか。(ケージの中にも30匹くらいは...)

ス、スゲ~!
こんな沢山の猫、見たことありません。
大興奮です!!

室内用スリッパに履き替え、中に入るといきなり足元にスリスリしてくる子が。

スコの女の子、ふくちゃん。
DSC00905.JPG

自己主張はせずに控え目ながら、ついて来て、立ち止まると足にスリスリしてくれます。
撫でると気持ち良さそうな表情をしてくれます。
ただ、テリトリーがあるのか、ある程度離れるとついてきません。 

DSC00904.JPG
今日、一番歓迎してくれた「ふく」ちゃん、カワイイです。

取り敢えず、一通りみんにゃを見てから、ゆっくり遊ぼうと思っていました。
で、ざっと撮った写真を貼ってみます。

きれいな茶トラの子
DSC00906.JPG

仲の良いうし柄ちゃんコンビ
DSC00908.JPG

元野良猫のちいちゃん
DSC00912.JPG
だる~
DSC00913.JPG
人間うざっ!

ちょっと噛み癖のあるマンチカンのサスケ君
DSC00915.JPG
かまってると、おなかを上にして、じゃれて?きます。
オイラの手をつかまえて甘噛み(か?)します。
手足が短くてカワイイ~

テーブルの上で威張っているシンガプーラ、こころちゃん。
気が強そうです...
DSC00916.JPG

印象度No.1の黒猫ちゃん
この子も控えめに足元にすりすり。(他の子がいない時だけ)
骨と皮と毛だけでガリガリに痩せていたので(背中撫でるとすぐ背骨です。肉がありません...)、保護したばかりの子かと思ったら、何と19歳だそうです!
DSC00914.JPG
細い体で一生懸命すりすりしてくれました。
名前忘れちゃってゴメンね。
また来る時も元気でいてね...

リンクスポイントという毛色のハク君
DSC00918.JPG

ターキッシュバン(ハーフ)のムサシ君
すごくモフモフでキレイな子です。
ケージの柵にすりすりしながら行ったり来たり。
塩分が欲しいのか、指を一生懸命舐めてくれます(笑)
MAH00910 (1).jpg

MAH00911 (1).jpg
何でこんな綺麗で可愛い子が、ここにいるのか不思議です。

まだ一回りしていないに、ここでハプニングが発生!
お袋から早く来いという電話が...
時間を見ると既に14:00。
まだ残りのみんにゃの写真を撮って、その後でゆっくり遊ぼうと思っていたのに...

尚、こちらに居る猫ちゃんたちは、積極的な里親募集ではなく、ここを終の住まいとすることを前提にして、養い親を募集しています。

泣く泣く、ふくちゃんと黒猫ちゃんが見送ってくれる中を(本当か!?)本館の方に戻りました。

ふと気が付くと、汗で全身湿っていたため、自分が猫の様に毛だらけになっていました。

そしてざっとケージ内の猫ちゃんを見回し(玄関左手の文庫コーナー付近のケージの子たちは人慣れしておらず、シャーされまくりました...)、展示・グッズコーナーでお土産(自分への)を買いました。

goods.jpg  bunko.jpg
    展示・グッズコーナ           にゃんこ文庫

そして、 スタッフの方とちょっと話をした後、14:30に泣く泣く猫博を後にしました。

印象的だったのは、スタッフさんの猫に対する愛情の深さと、動物を平気で捨てる人間の多さです。
猫の数は増えることはあっても、減ることは無いそうです。
いくら里子にもらわれて行っても、次から次に新しい子が入って来る(保護されて来たり、飼育放棄で猫博に夜の間に置いていかれたり)とのことです。
いったいどういう神経をした人間なんでしょうか?
話を聞いているだけで腹が立ってきます。
(少なくとも、猫ブログを書いている人や読んでいる人にはいないと思いますが...)
それでも3人のスタッフさん達は嫌な顔1つせず、骨身を削って猫ちゃん達の世話をしています。
ホント、頭が下がります。

このブログを見て下さった皆様には、里親は無理だとしても、一人でも多くの方に遊びに行ってもらいたいです。
入館料やグッズの売り上げが保護活動の資金になりますので。
まあ、難しいことは考えずに、ただ単に遊びに行きませんか?

自分が次回行く時には、支援物資を持って行って、全猫ちゃんと触れ合いたいと思っています。

長々と、駄文をお読み下さり、ありがとうございました。

尚、「世界の猫グッズ博物館」についての詳しいことはHPをご覧ください。


nice!(29)  コメント(27)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

世界の猫グッズ博物館へ行ってきました!(前編) [世界の猫グッズ博物館]

夏休みの千葉への帰省を利用し、行ってきました!(野郎1人で[あせあせ(飛び散る汗)]

そう、あの「三井アウトレットパーク木更津」・・・・

ではなく「世界の猫グッズ博物館」へ。

実は、直前までどっちに行こうか悩んでいました。。。
しかし袖ヶ浦につく頃には、「猫好きを名乗る上では、避けて通れない(?)だろう」と思い、足を伸ばすことに決めました。

群馬をAM5:00に出て、実家のある市原市に着いたのがAM10:00で、そこから更に下道で約2時間。
途中のマックで食事して、昼前に着きました。

木更津辺りまではトラックも多く、面白くもなんともないドライブですが、そこから先は平日のためか車も少なく、海を見ながら国道127号線を快適ドライブです。
安房勝山駅を過ぎ、細い道を入って行くのですが、ナビのおかげで迷うこともなく順調に到着しました。

nekohaku_1.jpg

知らない知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、「世界の猫グッズ博物館」は、その名の通り世界のいろいろな猫グッズの展示と販売を行っています。

しかしメインは、NPO法人「猫達の幸せを守る会」が保護した、捨て猫ちゃん・ノラ猫ちゃんなど、様々な事情で集まって来た子たちの保護施設です。

テーマパークではありませんので、入館料やグッズ売上は保護猫ちゃんたちのご飯代や医療費になります。
本来はあまり喜ばしい施設ではありません。
しかし、時間に制限されることなく、沢山の猫ちゃん達に触れ合うことが出来るんです♪

自分が着いた時には別のお客さんが帰るところで、お客は自分ひとりになってしまいました...

建物に入ってすぐの玄関で、スリッパに履き替え、手をアルコールで消毒します。
入ってすぐ正面はグッズ展示スペースで、右左の通路沿いにはケージが2段づつ隙間なく積んであり、右の通路側ケージには比較的小さい猫ちゃんたちが入っています。(おそらく里親募集中の猫ちゃんたちだと思います)

取り敢えず、ここにいる猫ちゃん達へのご挨拶と、猫グッズ漁りは後にすることにして、早速受付へ。

右側に進むと受付があり、そこで入館料800円(HPから割引券を印刷していくと600円になります)を払います。
すると早速スタッフの方に、さらに建物の奥にちょっと入った所にある、ふれあいスペース?に案内されました。

しっかし、そこいら中ケージだらけです・・・それだけ保護猫ちゃんが多いと言うことですね(現在130匹近いそうです)

ふれあいスペースは、網戸で仕切られたサンルームの様な部屋になっています。
(ケージから出ている猫ちゃんがいっぱい、転がっているのが見えます[グッド(上向き矢印)]
ここはお客が入った後、スタッフが網戸を閉めて外から鍵を掛けます。(網戸開けちゃう子がいるそうです)
出る時は、スタッフに声を掛けて開けてもらいます。

部屋の中央にはベンチがあり、その周りにはやはりケージが置かれており、中に入った子も沢山います。
恐らく外にいる子が10匹位?(ほとんど寝てるか伸びてました[あせあせ(飛び散る汗)])とケージの中にも15匹位?がいます。

入った時は自分1人だったので、選り取り見取りです[exclamation]

ちなみに、冷房装置は扇風機2台ですので暑いです。

が、そんなの関係無し!

さあ、ここからカワイイ猫ちゃんの写真どんどん貼ります。

最初に歓迎(スリスリ)してくれた子(ごん君かな?)
DSC00878.JPG
他の猫ちゃんと遊んでいる隙に、おネムになっちゃいました。

他にはお客さんがいないので、ベンチに財布置いておいたら枕に使っておいででした...
DSC00898.JPG

ベンチ回り
DSC00897.JPG

足元にすりすりしてくれた子No.2
DSC00877.JPG
動けませんが...

腰ポンポンが好きな子No.1
DSC00899.JPG

腰ポンポンが好きな子No.2
DSC00896.JPG
尻尾細長が~ぁ

扇風機の後ろで寝てるモフモフな子
DSC00882.JPG

ずっとだれてた(歓迎してくれなかった)子達
DSC00876.JPG

ケージの中の子
DSC00880.JPG

愛想の良いナナ君
DSC00900.JPG

DSC00901.JPG
ピン合う所が違う[むかっ(怒り)]

超お気に入り!のナナオ君(あごの下皮膚病とのこと・・・毛が一部抜けてました)
おそらくケージを出れば、超ゴロスリちゃん。
ケージの中だったのが残念!
手を握って?くれますし、指でナデナデしてると豪快なヘソ天を見せてくれます。
DSC00879.JPG

DSC00883.JPG

DSC00885.JPG

DSC00886.JPG

MAH00884 (1).jpg

MAH00884 (2).jpg
超カワイイ~

その他にもいっぱいいたんですが、撮っていません。
初めてなので、興奮しすぎました[あせあせ(飛び散る汗)]
ゴメンナサイ...

更に、このふれあいスペース?から続いている、4方を金網に囲われた運動スペースもあり、こちらにも猫ちゃんがいます。

DSC00890.JPG
気持ち良さそう♪

DSC00891.JPG

DSC00892.JPG

DSC00894.JPG

みんな凄くフレンドリーです。
触っても怒る猫ちゃん、一匹もいません!
(うぜー、って顔する猫ちゃんはいましたが...)

とても、ここに来る前に大変な思いをしていただろう猫ちゃん達とは思えません。

この部屋だけでもいつまででも居られます、いや、居たいです。

が、途中で初老の夫婦が入ってきて遊んでいましたが、10分くらいで出て行こうとしたので一緒に退室しました。

多分、自分は野郎1人なのに、この部屋だけで1時間近くはいたと思います。

だって、天国なんだもん[exclamation]

 

まだまだ別の所にも猫ちゃんが一杯いるのですが、続きは続編で。


nice!(30)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
世界の猫グッズ博物館 ブログトップ